レバレッジのメリットとデメリット

FXで大もうけした人のほとんどの人が大きなレバレッジをかけて、その結果大きな利益を出したということです。レバレッジとはFXの業者に証拠金を預けることによってその証拠金の金額の何倍もの取引をできることです。

例えばレバレッジが10倍とすれば100万円の証拠金で1000万円の取引をすることが可能になるということです。

レバレッジはFXの大きな魅力であることは間違いありませんが、メリットとデメリットがありますので、それぞれを理解して取引をすべきでしょう。

メリットはもちろん小さな資金で大きな取引ができるので、大きな利益を出すことが可能で、反対に大きな取引ができることで損失も莫大になる可能性があるので、これが最も大きなデメリットといえます。

ただし、日本国内のFX業者においては金融庁のレバレッジ規制があり、現在では最高でも25倍のレバレッジしかかけることができなくなっています。しかし、海外のFX業者ではもっと大きなレバレッジをかけることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>